MENU

ブログ

飼育スタッフによる「ベア・マウンテン便り」。一度でもご来場された方は、「あのヒグマはどうしてるかなぁ?」なんて、気になられる事もあるかと思います。そこで、なかなかお越しいただけない方のためにも元気に暮らすヒグマたちの様子を配信していきます。ご来場後もヒグマの様子をチェックしに遊びにいらしてくださいね!そしてベア・マウンテン未経験者の方はお越しの際、楽しめること間違いなし!です

ベアマウンテンは冬真っ盛り!

2010.12.25


3.JPG
5.JPGみなさま、御無沙汰しております。ジョイナー愛の元飼育員、高橋です。
 
冬のベアマウンテンをご案内するガイドのほう、私もお手伝いすることになり、久しぶりにクマさんたちに会っ てきました。そこでみなさんにも、おすそわけをさせてくださいね。
 
まず、今年は雪不足で、みなさんには大変に御迷惑をおかけしました!やっと、本格的な雪景色になってきています。ただし、クマさん的には気温が高い!
 
今朝も結局、最低気温が8度ほどで、明け方を過ぎると0度まではいきませんが、湿気の多めの降雪となりました。クマさんたち、これでは寝ません!!
 
まあ、嫌でも寒波はやってきますので、もうすこしの辛抱ですね。
 
あとは私の駄文などではなく、写真にいきましょう。一枚、通路のやつがありますが、わかりますか?
 
モヤモヤしているのは吐息というとちょっと色っぽいですが、クマさんが吐く息の熱気です。まだ呼吸数が落ちてきていないので、こんなです。
 
なので、通路の床も一面の薄氷で、まるでスケートリンク!ちょっと想像を絶する世界ですが、冷蔵庫の中にいるような雰囲気でしょうか。
 
そして今回は、なぜか、ちょうど目が撮れない場合が多かったです。特に私のデジカメは安物なので、シャッター(とデジカメでも言うのでしょうか?)を押してから、実際に映像を取り込むのに2秒の間がありまして。
 
獣舎の中は暗いので、クマさんたち、ストロボの明かりが嫌なのかな?と思いました。みなさんがお越しのグリーンシーズンの時は、あの通りでまったく大丈夫なんですけども。
 
クマさんたちは頭がいいので、もしや僕のカメラのような2秒の間のあいだに、顔をそむけることを覚えたのかしら。
 
人間でもレンズを向けられると、視線を感じることがありますものね。動物はそういうの、ビンカンと思うのですが、みなさまはどのようにお考えでしょうか。
 
そんなですが、どうにかみなさんにお見せできる写真が何枚か・・・・。
 
一枚は下からあおって、あごの下なんかが撮れていました。某写真部を題材にした伝説の漫画(画中では”光画部”ああ、年代がばれますね)で言うところの、「あおりの勝利」というやつですね。
 
面白いので、このまま載せてしまおう。
 
ジョイナーの写真が多いのは、個人的な好みです。飼育の黒川くんがミスミの写真を多用するのと、まったく同じ理由です。内輪ネタでスイマセン。
 
黒川くん、ミスミの調子がよくなってきてよかったね(寝てくれて、そのあとに起きた時でいいんですけどね、元気に動くのは・・・)。
 
ミスミはナーバスなクマさんなので、僕らにもわからない理由(精神的なものだと思います)で今シーズン後半はテンションがものすごく低く、往年のミスミ(今でも若手ですが)を知っている黒川くんなどは、ずいぶん心配をしていたのです。
 
よかった よかった。 

最新記事

バックナンバー

ページトップに戻る