MENU

ブログ

飼育スタッフによる「ベア・マウンテン便り」。一度でもご来場された方は、「あのヒグマはどうしてるかなぁ?」なんて、気になられる事もあるかと思います。そこで、なかなかお越しいただけない方のためにも元気に暮らすヒグマたちの様子を配信していきます。ご来場後もヒグマの様子をチェックしに遊びにいらしてくださいね!そしてベア・マウンテン未経験者の方はお越しの際、楽しめること間違いなし!です

もの思いにふける?

2008.5.25


hirotake.jpgのサムネール画像ヒロタケは9歳と若いせいか池でニジマスを豪快に追いかけたり、他のクマの後ろからしのび寄ってガブリとかみついてちょっかいをかける等まだまだやんちゃざかりのクマです。最近力がついてきて自分のケンカの腕前をためしてみたくなったのか?他のクマとのいざこざが目立ちます。

しかし彼の腕試しは、自分より弱いクマだけをねらって不意打ち攻撃をしかけるという困ったものでした。

強いクマが近くに来るとサーッといなくなる始末・・・

う〜ん、ずるがしこい!

 

そんなヒロタケにとうとうお灸がすえられてしまいました。相手はケンカの強さで1、2を争うミスミ。

2頭はベアポイントで出会いお互いの存在を背こすりでアピールしていました。

そして威嚇の声からケンカに発展、ミスミとタッグを組んだクマエモンも参戦して2対1の戦いに!

やる気まんまんだったヒロタケも2頭の強さと迫力に、耳を後ろにねかせて「まいった〜」

完全に天狗だったヒロタケのながいお鼻はポッキリ折られて、自信をなくしてしょんぼり。

弱いクマや年をとったクマがケガをする心配は減りましたが、それから3日たった今日も

ヒロタケは遠くをみつめて、もの思いにふけっているような様子でした。

若いクマもこうやって「負け」を経験することで大人になっていくのかな?今度はケンカではなくて

魚とりを頑張ってほしいものですね。

【飼育係:伊藤】

最新記事

バックナンバー

ページトップに戻る